カーリングのルール

カーリングのルール、用具、戦術、得点、ショットの種類の解説。

◆カーリングのルール

◆カーリングでは競技がおこなわれるレーンをシートと呼ぶ

【シートとは?】

シートとは、ボーリングに例えるならレーンにあたるもの。

カーリングでは競技がおこなわれるレーンをシートと呼ぶ。

シートの状況は会場によって異なることから、カーリング競技ではシートの状態の把握が勝敗に大きく影響を与える。

◆カーリングではストーンを投げる一連の動作をデリバリーと呼ぶ

【デリバリーとは?】

カーリングでは、ストーンを投げる一連の動作をデリバリーと呼ぶ。

しっかりと「ハック」に足をかけ姿勢を整え正しいデリバリーを行うことが上達への近道。

◆日常生活内のデリバリーについて

デリバリーという言葉はおそらく誰もが一度はどこかで耳にしたことがことがある言葉ではないだろうか?

最も身近なものと言えば・・・そうおそらくピザだろう。

デリバリーは日本語に訳すと配達という意味がある。ピザは配達の方が有名なくらい。

尚、カーリングではストーンをしっかりと目的地に配達するという意味があるのだ。

◆リリース時はバランスが崩れやすいのでしっかりと姿勢を保持する

【リリースとは?】

リリースとは、「デリバリー」の一連の動きの中で、ストーンに回転をかけた状態で手から離す動作のことを指す。

キャッチアンドリリースとは、「捕まえて放す」の意味。

同様にリリースには放すという意味がある。

リリース時にはバランスが崩れやすいので、しっかりと姿勢を保持する。

◆ハックを蹴る力のコントロールでスピードをコントロール

【ハックとは?】

ハックとは、シートの両側に設置されている、投げる時に踏みける際のけり台となる台のこと。

ハックは2つ設置されている。

ストーンを投球する際は、投げる側の手と逆側のハックをけり台として使用する。

カーリングではこのハックを蹴る力のコントロールでスピードをコントロールする。

◆テイクアウトはコントロールが最重要

【テイクアウトとは?】

テイクアウトとは、プレーエリアにあるストーンにあててプレーンエリア外へはじき出すこと。ヒットとも呼ばれる。

テイクアウトはコントロールが最重要であり、ラインをとれる技術が不可欠である。

尚、テイクアウトを目的としてストーンを投じるショットをテイクアウトショット。

相手のテイクアウトショットを妨害する目的で投じるショットをドローショットと呼ぶ。

テイクアウトはカーリングの戦術においても重要な技術であり、チーム内全選手が何度も練習を重ねる練習項目のひとつでもある。

◆インターンとはストーンの回転が右投げの場合に時計回りとなる回転

【インターンとは?】

インターンとはストーンの回転が右投げの場合に時計回りとなる回転のこと。

当然左投げの場合は反時計まわりになる。

カーリングではリリースの際にストーンに必ず回転を加えている。

尚、これは直線であっても同様。

ストーンを真っすぐ送る場合であっても緩い回転を加えることで真っ直ぐ投げることができる。

◆ドローショットは攻撃を行う際に重視されるショット

【ドローショットとは?】

テイクアウトショットが、プレーエリア内にあるストーンをはじき出すショットであるのに対し、ドローショットでは、プレーエリア内にストーンを止めるショットを指す。

ドローショットは、方向性、ラインが重要になるだけでなく止めるべき地点にしっかりと止まるように投球の強さのウエイトコントロールも重要となってくる。

ドローショットはハウス内の中でもどの位置に止めるのか?など数センチ単位の正確さが求められるショットとも言える。

カーリングでは全てのストーンが相手のストーンよりも中心に近い位置にあれば良いというものではない。

その為、ハウス内であってもガード目的の配置を考慮するなど戦略性をもたせる上でガードストーンと共に必要不可欠な技術がドローショットである。

◆スキップは氷の状態を読み的確な指示をだせなくてはいけない

【スキップとは?】

スキップとは、カーリングの作戦を組み立てる司令塔。

カーリングではリンクによって氷の質が違ったり、時間の経過とともに氷の状態が変化する。

その為、スキップは氷の状態を読み的確な指示をだせなくてはいけない。

またスキップは4番目にストーンを投げる役目もあり、その場合はサードがスキップの代わりとなりハウスから指示を出すことになる。

カーリング競技では、精神面、技術面においてもトップレベルの技術が必要とされるポジションでもあることからゲームキャプテンがスキップとなるケースが多い。

◆テイクアウトショットは相手のストーンをはじき出すことが第一の目的

【テイクアウトショットとは?】

カーリングのショットのひとつがテイクアウトショット。

テイクアウトショットでは相手のストーンをはじき出すことが第一の目的。

その為、しっかりとしたラインをとることが大切。

戦略にもよるが、相手のストーンをはじき出すだけでなく、ブランク・エンドを目的として自分のストーンもはじき出すことでストーンの数を減らす目的で投げられることもある。

状況に応じて使い分けが必要なショットである。

◆毎回のエンドでリードは最初の2投を投げる

【リードとは?】

リードとは、カーリングのゲームの第一投目を投げる人のことを指す。

毎回のエンドでリードは最初の2投を投げることになる。

尚、投げ終わったあとは、スイーパーとなる。

◆スイーパーとは?

【スイーパーとは?】

カーリングの象徴とも呼べるポジションがスイーパー。

スイーパーはショットされたストーンの前を専用のブラシで掃きながらストーンの静止位置や方向を決める重要な役割を持つ。

スウィーピング(ブラシで掃く動作)の際は、ストーンに触れることは反則となるためストーンのスピードに合わせてスイーパーが一緒に動きながらスウィーピングを行う。

カーリング競技ではセカンドがショット時以外はスイーパーを務めることが多く、セカンドは体力も必要なポジションとなる。

◆セカンドポジションは自分が投げるとき以外全てスイーパー

【セカンドとは?】

カーリングのセカンドとはポジションの名前を指す。

セカンドの名前どおり2番目に投げる人。

セカンドポジションの人は、自分が投げるとき以外全てスイーパーとなる。

その為、セカンドはショットはもちろんスイーパーとしての技術力が最も重要な要素となる。

◆スキップが投げるときはサードが「バイススキップ」となってスキップの投球を指示する

【サードとは?】

サードとは、3番目に投げる人のこと。カーリングではポジションを指す。

但し、スキップが投げるときは、サードが「バイススキップ」となってスキップの投球を指示する。

尚、リード、セカンドが投げる際はスイーパーを行う。

カーリングの試合ではサードのストーンの位置取りによって勝敗がほぼ決するケースも実は多い。

その為、サードはスキップ以上に正確なショットと技術力が問われるポジションともいえる。

◆ブランクエンドを意識した戦術

【ブランクエンドとは?】

ブランクエンドとは両チームの得点が双方ともゼロとなったエンドの事を指す。

カーリング競技のルールでは、エンドを終了した際に得点があったチームが次のエンドの先行となるようにルールで定められている。

カーリングは競技の性質上最後に投げる事ができる後攻が圧倒的に有利である。

そのため、後攻のチームは戦術としてあえてブランクエンドを作り、次のエンドも後攻を保持しようとする戦術が組まれる。

わかりやすい例で例えると10エンド戦の9エンドで同点のケースを想定すると良い。

後攻チームはこのエンドをブランクエンドで終える事ができたならば10エンドも後攻となるため勝利する確率が格段に高くなることがわかる。

次に8エンドで1点差で負けているようなケースでも考えてみよう。

このエンドで、もし1点しか取れなかった場合、同点にはなるが次のエンドは相手が後攻である。

相手は圧倒的に有利な状態となるようにやはり9エンドでブランクエンドを狙ってくる可能性が高い。

このようなケースでは8エンドで1点しかとれそうもない場合は、ハウスにある自分のストーンを弾きだしてブランクエンドを狙った方が良いケースも想定される。

もちろんこれらの戦術はハウスにあるストーンの配置やガードストーンの位置によっても異なってくる。

しかしカーリングの試合中はこのブランクエンドを意識した戦術が繰り広げられていることは間違いない。

今後、カーリングの試合を見る際は1試合を通じてブランクエンドがどの位置で発生しているのかをチェックしてみるのも面白いのではないだろうか?